GUYS!Sally Go!!

ニコニコ生放送で「ウルトラマンメビウス」見ていました。

3日間連続です。週末はメビウス尽くしです。ずっとウルトラマンです。

生活時間が、深夜まで余裕で食い込む3日間でした。

 

いやあ、面白かったね。

本当に、最高の3日間でした。

 

メビウスを全話観終わってから、ゆっくりじっくり感想を書こうと思っていたのだけど。

ところが、昨日の時点で面白さがMAX状態にまで持っていかれてねw

いやあ、ホントに、その時点で感想書きたくなるくらいに面白かったですよ。

 

ウルトラマンレオのカッコよさ偉大だね。

 

 

さっき、最終話まで観終わって、風呂入ってきたところです。

また睡眠時間が削られるなー。

しかも、寝ないでこうやってブログ更新までしてる始末w

 

だが私は後悔しない。いいもの観れたからね。最高に盛り上がれたからね。

 

 

メビウーーーーース!!!

ウルトラマンメビウスは、以前、テレビで観ていました。非常に懐かしい作品。

ていうか、これ10年も前のウルトラマン作品ですよ。もう、そんなになるんだね。

そら、懐かしいと思うわな。そら、懐古の念にも浸るわな。そら、私もおっさんになるわなw

 

とにかく、そのくらいに昔の作品。

だから、確かに以前、しっかりきっかりと観ていたはずにもかかわらず、

 

「メビウスって、こんなに面白い作品だったのか!」

 

ってくらいに盛り上がりましたよ。

もう、初見視聴と変わらんレベルで観てましたよ。

そりゃあもう、キラキラした目で見てましたよw子供かw

 

歳をとって、いろいろと知識も増えたからかね。ちょっと視聴する角度も別なのかもね。

そんなだから、テレビで観ていた頃よりも、何倍も何十倍も作品が輝いて見えました。

キラッキラですよ。これはもう、歴史に残してもいい宝物ですよ。

 

なんとうか、円谷プロの、

 

ウルトラマン制作に対する本気

 

が、いっぱいに詰まった作品です。

ウルトラマン愛が半端ないですよ。シリーズに対するこだわりを感じましたよ。

 

 

いい最終回だった、さて次はどんな最終回かな?

メビウスの魅力のひとつとして挙げられるのは、話の濃さ、じゃないですかね。

30分番組という放送枠を、限界の限界まで使ったストーリー構成。

1話完結の話とは思えない程の濃ゆいお話が何話もあります。

 

観終わった後に、

 

うん、いい最終回だった・・・

 

なんて思わせるようなストーリー展開と最後の纏め方。

とにかく濃密な30分。

 

なんでこのノリで最終回じゃないんだろう?

 

とか思わせるに十分なボリューム。

これで最終回です、なんて言われても納得するんじゃないかなw

 

そんな内容なので、観終わった後の満足感も十分ですよ。

 

 

ウルトラ兄弟

最終回の次が、また最終回。

そんな感覚に陥るくらいに、内容の濃い話の多いウルトラマンメビウス。

特に、過去作品のウルトラマンが登場する回なんかは、その濃さも増し増しです。

 

レオ、80、エース、セブン、ジャック、初代ウルトラマン。

 

歴代のウルトラマン達。登場するだけでも、相当に盛り上がりますね。

私は名前聞いただけでもニヨニヨしますよw

そこまでの存在感があるのに加えて、当時のままの役者さんが登場するわけですよ。

 

ゲンとか、矢的先生とか、北斗とか、ダン隊長とか、郷さんとか、ハヤタ隊員とか。

 

これはちょっと凄いですよね。贅沢にもほどがありますよw

んで、皆さん、良い歳の取り方をしていらして、渋くてカッコいいわけですよ。

郷秀樹役の団時朗さんとか、イケメンな上に超美声ですよ。つーかヒゲ似合いすぎでしょw

 

これは盛り上がる。テンション上がるに決まってる。

 

 

ウルトラ兄弟関係は話の内容も素晴らしい。

新しい解釈とかじゃなくて、過去作品の内容しっかりと踏襲した丁寧な作り。

過去のウルトラマンシリーズから、ウルトラマンメビウスへと明確に繋がっている内容。

 

 

だから、ニコ生で観ていると、

 

ウルトラマン80 真の最終回

ウルトラマンA 本当の最終回

 

なんてコメントも多々ありました。

これは納得のコメントですわ。

 

本当にメビウスは最終回が多いよなw

まあ、それだけ面白い話が多いってことなんですけどね。

 

 

最終3話だけでも観ておこうぜ!

もちろん、歴代ウルトラマン関係の話だけではないですよ。

それ以外でも面白いのがウルトラマンメビウスという作品です。

なんといっても、最終回含有量がすごいですからねw

 

主人公のミライ君の、精神的実力的な成長具合とか。

ウルトラマンと防衛チームの、信頼関係からくる魂のこもった共闘とか。

過去のウルトラマンシリーズに関連してて、ファンが見たらニヨニヨする場面とか。

 

そんな、おすすめな話はいろいろとあるけれども。

やはり、一番盛り上がるのは最終回の直前ですね。

ラスト3話は本当に熱いです。燃えます。そして感動できます。

 

 

ラスボス「エンペラー星人」が送り込んでくる先兵の破壊ロボ。

倒しても倒しても、途切れることなく次々と現れます。一機でもものすごく強いのに。

ついには力尽きるメビウス。崩壊するGUYS基地。どんどん失われていく対抗手段。

 

ピンチです。圧倒的なピンチです。

エンペラー星人ご本人が場面に現れてからは、そのピンチがさらに加速します。

絶望。もう、絶望しかないレベル。

 

以前の敵、ザムシャーが駆けつけるも倒されるわ。

抵抗するべき兵器各種はもうスクラップだわ。

ミライくんは重症でメビウスに変身できないわ。

 

そんな中、リュウ隊員が、「ウルトラマンヒカリ」に変身するという奇跡を起こすのですが。

エンペラー星人は、そんな奇跡すらも軽く薙ぎ払ってしまいます。鎧袖一触です。

奇跡なんてなかったw

 

逆転への足掛かりと見せかけて、見せかけただけで容赦なく叩き潰してくる展開。

この展開を絶望と言わずになんと言おうか。これ以上無いって程の絶望的状況。

当時の子供たちは、この展開にどれ程やきもきしたことであろうかw

 

 

まあ、最後は、なんやかんやで勝つんですがねw

どうやって逆転するかは、実際にメビウスを見てからのお楽しみということで。

 

最終3話だけでも是非。

 

 

メビウスは名作

当時、なんとなく観ていただけでは、わからなかった部分てあったんだなー。

なんて思う3日間の視聴タイムでありました。

とにかく、面白かった。この感想を間違いないと思えるレベルで言えるのは確か。

 

熱い。

感動する。

そして沢山の最終回w

 

そんなウルトラマンでしたね。最高の作品。

 

んー、ニコニコさん、いい仕事しましたねえ。

また別のウルトラマンもやってください。ぜひとも。

ネクサスとか観たいな。ああ、ティガも観たいわ。もう、全部やろうぜw

コメント