半額品で食卓がゴージャス化

私はスーパーをよく利用します。

コンビニよりもスーパーマーケット。

圧倒的にスーパーの利用率が高いです。

 

もちろん、選ぶにはそれだけの理由があります。

こだわりの理由です。

絶対的な信念がそこにあるんです。

 

家から1分くらいの位置にスーパーがある。

 

この究極な思考の前ではコンビニは霞んで見えます。絶対真理です。

ああ、どうしようもねぇ。

 

まあ、近いは正義ですからね。魅了されてもしょうかないよね。

抵抗にマイナス100くらいのペナルティ来るからね。

そんな魅力に誰が抗えようか。

 

もちろん、近いからってだけではないですけどね。いやほんと。

 

 

ヒャッハー!半額商品だぁぁ!!

スーパーの魅力は何か。

 

豊富な取扱い商品でしょうか。

お手頃な生鮮食品の価格でしょうか。

 

うん、それも確かにある。

しかし、私が最注目しているのは、

 

お惣菜半額タイム

 

これ。これですよ。

閉店近くになると開始されるあれです。

 

お惣菜、お弁当、生鮮食品。

 

こういったナマモノに半額シールがぺたりと貼られる夢のような時間帯。

売れ残って処分するくらいなら、半額で捌いてしまおう。

そんな店側の粋な計らい。貧乏人にはありがたい。

 

お刺身とか、鶏のから揚げとか。

私の好きな物が片っ端から半額化します。

なんというロマンに溢れる時間帯でしょうか。

 

いいの?まじで半額でいいの?やったあ!ありがとうございます!

とか、テンション上がりますよね。

浮かれすぎてその場でヒンズースクワット始めたくなります。やらんけど。

 

しかも、このイベントは毎日ありますからね。毎日半額ですよ。

大丈夫か?こんな贅沢なショッピングが毎日とか大丈夫か?

私、捕まるんじゃないか?

 

 

まあ、なんだな。

ハイエナなのは自覚してるぜw

 

 

半額トラップ(肉)

半額商品は安い。ホントに安い。実際安い。

だが、しかし。安さだけに眼を奪われてはなりません。

油断してはいけない部分もあります。

 

気を付けないといけないこと。

半額食品類はどれも、

 

その日ギリギリの鮮度

 

ということですね。

見切り品なんだから当然だけどもね。

 

私は以前に半額の豚肉ブロックを買ったことがあります。

ベーコンの原型みたいなアレです。

 

それを普通の豚肉感覚で、切って、炒めて、味付けしたわけですが。

これがね。なんというか。あれですよ。

 

くっせぇぇぇ!!!www

 

にじみ出る脂分の臭いこと臭いこと。

なにかのバイオ兵器かと思ったもん。食卓系バイオテロ。

確実にこっちを殺りにきてる。そんな臭気がむんむんですよ。

 

この悪臭を放つ半額豚肉、

 

「え?半額の見切り品なんだから当然ですけど?なにか?」

 

みたいな顔してましたよ。

ええ、平然と悪びれた素振りも一切見せずにね。

 

「それが嫌なら新鮮なヤツ買えばいいじゃないwww」

「なに、半額品買って文句つけてんのwぶひっwぶひっwぶっひひひっw」

 

と、超攻撃的臭気で、当たり前のように臭かったです。

我は臭さの体現者にして支配者である。そんな感じです。

その通りですね豚さん。新鮮な物を買わない私のせいですね。くそが。

 

 

とまあ、そういったトラップも潜んでいる可能性があるわけです。

半額品式汎用トラップです。

私みたいなのが高確率でトラップ踏みますw

 

釣られクマーww

 

 

油断のならぬお買い物

安いものにはそれ相応の理由があるんですね。

通常品感覚だと大変な目にあったりするから注意が必要です。

 

油断してると凄い勢いで失敗します。

薄氷をライダーキックで踏みぬくが如き勢いです。

余裕の貫通ですよ。パワーが違います。

 

やたら臭い豚肉だったり。

やたら水っぽい牛肉だったり。

生臭さ全開なタコの刺身だったり。

 

どれも、海底2万マイルくらいまで到達する貫通力がありますからね。

 

基本的に、そういう失敗した時は、だいたい臭いw

 

生鮮食品のデリケートさを深く実感できるね。ていうか、させられる。

時間の経過は残酷です。美味しいものすら変貌させる。サツバツ!

さすがナマモノ。一味違いますわ。文字通りの意味で。

 

 

半額品の購入は見極めが大事ということですかね。

普通に買えという話だけどねw

コメント