ドライソーセージが不味いはずがない(不味い)

ドライソーセージが好きです。

 

あのしっかりした歯ごたえ。

噛みしめるごとに溢れるスパイシーな旨味。

口の中に広がる脂分が織り成す堪らないジューシー感。

 

そんなものが一つに濃縮されてますね。

一本での満足度は相当高いですよね。

あまりの美味さに、いくらでも食べれてしまいそうです。

 

油っこくてスパイシーな食べ物は美味い。

これは定石。あたりまえ。必然。間違いなし。

 

おつまみなんかにも最適ですよね。

こってりスパイシーでジューシーな食べ物。

それがお酒に合わないはずがない。

 

私もよく食べます。

なににしようか迷ったときは、とりあえずドライソーセージ。

 

どのメーカー品も基本的に美味しい。

 

だって、ドライソーセージですよ。

間違いようがないじゃないですか。

どうやって作ったって美味しいに決まってますよね。

 

なんて、思ってたんですがね。

何物にも例外はあるようですよ。

 

 

まさか外れるとは思わないじゃん?

昨日買ってきたドライソーセージ。

いつもと違うメーカーの商品でした。

 

まあ、どれもそんなに変わるまいよ。

基本的にジューシーでスパイシーなら美味いからね。

ハズレのある食べ物ではないでしょう。

 

なんて、ソレを食べるまでは、そんな風に思っていました。

私のドライソーセージに対する認識はそういったものでした。

 

ところが。

新しくチョイスしたメーカーのドライソーセージは、その範疇にあらず。

完全に逸脱していました。見事に幻想をぶち殺してくれました。

 

こうね。

噛みしめた瞬間に、

 

ぶよっ・・・

 

とした食感が帰ってきたわけですよ。

なんだこの異様な食感は。

 

 

ドライ(笑)

普通、ドライソーセージの食感はがっちがちです。

それをゴリゴリ食いちぎりならが食べるのが美味しいのです。

水分的なものが抜けてるんでしょうね。「ドライ」ソーセージですからね。

 

ところが、このドライソーセージは別です。

内部が非常に柔らかいのです。なんというみずみずしさ。

いや、いくらなんでもフレッシュすぎるだろ。なんだこれ。ドライ感はどこですか。

 

なんか、半端に水分が抜けているのかしらんのだけどもね。

噛みしめるたびに、

 

ぶよっ・・・ねちゃっ・・・

 

っていう食感が襲ってきます。

外側だけがしっかりと固いから、尚更そう感じます。

全然、ドライじゃねぇ!!ww

 

フレッシュなら粗びきソーセージみたいなのか。

というと、そんなこともない。あんな旨味はでてこない。

無駄に水っぽさが主張されてるだけ。そして不快な食感。

 

冷凍庫で粗びきソーセージ凍らせたら、こうなるんじゃね?

 

そんな感じです。

 

 

やっぱゴリゴリしてないとな!

いやあ、この中途半端な食感の気持ち悪いこと。

ドライソーセージを不味いと思ったのはこれが初めてでした。

 

いや、なんだろうな。

不味いというか・・・うん、気色悪いw

なんでこんなにねっちゃねっちゃしてるのさ。ちゃんと乾燥させてよw

 

こんなん俺の知ってるドライソーセージじゃないよ。

 

 

スルメを想像してみようか。

乾燥して、余計な水分が飛びきって、旨味が濃縮されたスルメ。

噛めば噛むほどに旨味が出てくるスルメ。

 

あれの表面だけが乾燥して、内部が無駄なフレッシュさに満ちていたらどうだろうか。

きっとアンバランスな食感と、滲み出る余計な水分で最悪な物体と化すんじゃなかろうか。

 

スルメは好きだ。

イカの刺身も好きだ。

でも、二つが中途半端に混ざり合ったものは食べたくないよw

 

今回買ってきたドライソーセージは正しくそんな感じの物体でした。

果てしなく食感が気持ち悪い。

これは、ねちゃぶよしてちゃいけない食べ物だよなw

 

こんな不気味なドライソーセージが存在してるということにびっくりですよ。

 

 

人は失敗から学ぶのだ

もう買わない。

ここのメーカーのドライソーセージはもう絶対に買わない。

買わないと心に誓った。

 

というか、なぜいつものを買わなかった。

ああ、ハズレがあるとは思ってなかったからか。

なんで美味しくないドライソーセージが存在してるんだよ。ちくしょうがw

 

やっぱり定番の品が一番ということなのよね。

今日は口直しに、ガリガリゴリゴリしたドライソーセージを食べることとしましょうか。

コメント