大根との死闘に終止符を

大量の大根を簡単調理で一気に消費したい。

そんなとき、果たしてどんな食べ方をすればいいのか。

ここ何日か、ずっとそんな考えで生活してました。

 

で、そんな考えのもと行ったのが大根おろし作戦だったわけですが。

これがまあ見事に頓挫。

無理無理。大根おろしだけ食べ続けるとか無理。それオンリーは無理すぎた。

 

いや、美味しいんだけどね。新鮮な大根からつくる大根おろし。

しかし、いかんせん味がシンプル過ぎてね。

それゆえに、大根おろし単品での消費には限界があるのです。

 

しかし、大根おろし自体はそんな悪くないのです。

それだけってのが問題なだけで。

「大根おろし+別のなにか」であれば大丈夫なはずです。

 

そこで、教えてCOOKPAD。

 

 

このように食べるのだ

いいよね、COOKPAD。

私のような料理の方向音痴に正しい道を教えてくれる神のようなサイトだよね。

ほんともう、いろいろとお世話になっております。

 

COOKPADならば、大根についても抜かりなく網羅してあるにちがいありますまい。

ていうか、大根というポピュラーな食材についてレシピがないわけがない。

絶対確実になにかあるはずなのです。これは決定事項といっても過言ではありますまい。

 

ここでレシピを調べてやれば多彩な大根メニューに出会えるはずです。

簡単でお手軽で大量消費できて、それでいて美味しい食べ方があるはずです。

さあ、大量の大根の消費という迷宮に迷い込んだ私に正しい道しるべを指し示しておくれ。

 

そしたらまあ、あるわあるわ。

本当にいろいろ出てきました。

さすが大根。メジャー食材は格が違った。

 

そこで、条件を満たしてくれるレシピの発掘に成功いたしました。

まあ、これだけ沢山あればねw

 

 

細切り!

で、それが何かというと「サラダ」です。

大根サラダ。

これが素晴らしい美味しさでした。

 

細く刻んで生のまま食べるのです。

新鮮な大根でやるとこれが美味いのなんの。

もっさもっさいけます。

 

なんだよそれ。

大根おろしとたいして変わんねぇじゃねぇか。

 

なんてお思いになるかもしれませんが。

ここでポイントとなるのがドレッシングです。

これがキモです。ていうかこれが本体です。

 

普通のドレッシングではないぞ。

自作梅カツオドレッシングだ!

 

これがまあ、大根とマッチすること。

いくらでも食べられると錯覚を起こすくらいです。

うめぇ!うめぇよ!梅だけに!!!

 

これプラス、大根おろし。

そこに油物をちょこっと一品。

これで大根消費が進む進む。

 

素晴らしい。梅ドレッシング素晴らしい。

 

 

梅未遂

実は前に、自分でもやってみたことがあるんですよ。

大根サラダ&梅。

 

居酒屋で頼んだことがあってね。

あれが美味しかったから自分でもできないもんかと。

見よう見まねでチャレンジしたのですよ。

 

まったく違うものが出来上がったけどな。

不味くはないけど美味くもないものができたw

 

一体何が違っていたのかというのがCOOKPADのおかげでわかったよ。

なるほど。磨り潰した梅だけではだめなんだな。

キチンとドレッシング部分も作らないといけなかったんだな。

 

酢、オリーブオイル、醤油、カツオ出汁、梅干し。

おこのみでニンニク。

 

これが揃い、合わさることで真の大根サラダとなるわけです。

うん、私がやっていたのは「大根の梅干し和え」でした。

何もかもが足りなすぎたw

 

そら、別もんだわwww

 

フレンチドレッシングの知識はあったんだけどな。

トマトとかタマネギとかサラダにするときは、それを作ってたんだけどな。

 

なのに、なぜ梅干しだけで作れると思ってしまったのか。

ノンオイル通り越して、ノン素材ですよw

 

 

ごちそうさまでした

梅ドレッシングが猛威を振るったおかげで、大根は見事に完全制圧されました。

というわけで、10本の葉っぱ付き大根の攻略完了です。

米も食わずに大根だけ食べてました。

 

代わりにお酒の消費が増えましたw

いやあ、おつまみに最適でなー。

さすが居酒屋メニュー。

 

さすがに、他のレシピにも使ったけどね。

煮ものとか。鍋物とか。大根マーボーとか。

でも、半分以上はサラダとして消えました。これ美味すぎるお。

 

大根も食べきったので、これからは通常の食生活に戻ります。戻れます。

大根の劣化に怯える日々とはサヨナラです。

 

今回のように大量でないのならば、ぜひともまたくださいw

そしたら、よろこんで大根サラダにするぞwww

 

 

コメント