大根生活

やった。やったぞ。

私はついに成し遂げたぞ。

困難極まりないと思われたミッションを完遂したぞ。

 

大根食べきった!!

 

10本セット

 

視界を埋め尽くしていた大量の大根の姿は、もはや影も形もないですぞ。

10本すべて、葉っぱも含めて、全部を胃の腑に収めてやりましたぞ。

綺麗さっぱり完全食覇ですぞ。大根の支配から解放されましたぞ。ぞ。ぞぞぞ。

 

これで、日に日にシナっていく大根に怯えることもなくなりました。

最後の方の大根さんは、表面がプニプニになってましたからね。

食えなくなる程の痛みが発生しないかどうか気が気じゃなかったですよ。

 

まあ、それでも最後まで美味しくいただけました。

なんやかんやで食費が大きく浮いたよ。

ありがとうママン。そしてごちそうさまでしたw

 

てことで、大根との闘いの日々を振り返ってみようかと思います。

 

 

日々大根

さて、10本もの大根。

消費しきるにはそれなりの速度が必要とされました。

なんせ葉っぱもセットでしたからね。

 

ちょっとオカズに一品

 

なんて食べ方をしていたら、全然消費しきれないでしょう。

そんなことしてたら、在庫の大根がしなびきってしまいます。

なので、

 

主食「大根」

 

くらいのペースで食べていました。

毎日ガッツリと大根です。基本メニューは大根中心です。

大根で食卓が回っています。大回転です。室伏のハンマーよりさらに回転してます。

 

米もパスタもすべて封印。

何よりも先に大根。

どんな食べ物よりも大根が最優先で選択される。

 

そんな毎日でした。

1人で葉っぱつき大根10本食べきるってそんなもんです。

そんなもんでした。

 

それでも鮮度が落ちる前に食べきれなかったよ。

 

・・・まあ、後半、さすがに飽きてきて、他の物を食べていたりしたんだけどwww

 

 

ジ ア ス タ ー ゼ ! ! !

私の中での最高の大根の食べ方は「おでん」です。

分厚く切られたその身の内に、他の食材の旨味をすべて吸収した大根は最強です。

地上最強の美味い食べ方だと思っています。スーパーサイヤ人レベル。

 

しかし、今回の相手は大根10本という大軍勢。

他の具材とミックスして食べていたら、消費スピードが遅くなってしまいます。

もっと大根だけをスピーディに消費したいですからね。

 

なによりも、毎回じっくり煮込むのがめんどくさいw

 

もっと手軽に作れる何かがいい。

そして、大根だけを沢山食べられる方法がいい。

ふむ、となると・・・あれだ。

 

大根おろし!!

 

これなら火も使わないし。

ゴリゴリ削るだけで大量のおろしを生成できるし。

消化酵素ジアスターゼだし。

 

んん、いける。これでいけるぞ。

10本一気に行けるくらいにいけそうだぞ。

完璧なビジョンが見えた!ハッキリとな!!!

 

さあ、おろすぜー!

超おろすぜーーー!!!!

 

 

大根は飲み物

というわけで、おろしました。

ひたすらにおろしまくりました。

 

もう大量に作って、掻きこみましたよ。

ぐびぐびいきました。

大根ドリンクって感じですよ。あらびき野菜ジュース。

 

うん、やっぱり新鮮な大根は美味しいね。

生だからこその際立つ美味さ。

さっぱり感の中に感じるほんのりとした甘みがとてもいい。

 

が、しかし。

さすがにね。

あれなんですよ。

 

やっぱ、これだけじゃ無理www

 

調理とも呼べない程に、非常に簡単な食べ方ではあるのですが。

その点は、とても優秀ではあるのですが。

 

これだけでお腹いっぱいになるまで食べるのは無理。

いくら美味しいとはいえね。食べ続けるごとに、体内へと蓄積される大根臭がね。

「ひとつの味だけ」という猛烈な飽きを誘発するのですw

 

これはもうちょっと手を加えないと駄目ですね。

少なくとも大根おろし一品だけで済ませるのは無理があります。

ありすぎました。完璧なビジョン何てなかったw

 

 

おろすだけではないぞ

こうなると、他のレシピも混ぜていかないといけないですね。

大根おろしだけではいかんともしがたい。

 

いや、大根おろしは別に悪くないのよ。

これはこれですごく美味しい。

大根おろし一品で済ませようとするのが問題なのだww

 

ここはCOOKPADに頼ろうかな。

これで簡単で美味しい大根レシピを発掘しようじゃないか。

 

で、見てみたらあるわあるわ。

本当にいろんな食べ方があるじゃないですか。

 

これはイケる。

これなら大根10本いける。

完璧なビジョンが見えた!今度こそ!!w

 

さあて、まずは何を作ろうかなー。

楽しくなってきやがった。

 

とまあ、大根活用の幅広さに心が震えたのであった。

それを作るかどうかはともかくw

コメント