そうだ、チキンカレーを作ろう

私は鶏肉が大好きです。

特に鶏皮。これが美味い。最高。

カラっと揚げた鶏皮とか犯罪的に美味い。

 

今日はそれが無性に食べたくなりました。

そして、衝動のままに鶏皮を買ってきました。

パリッと美味しく仕上げるしかありません。

 

鶏皮は安くていいよなー。

 

さて、揚げるといっても油は使いません。

弱火でひたすら加熱するだけ。1時間くらいひたすら加熱します。

余分な脂がざぶざぶ滲み出てきます。

 

自分の脂で勝手に揚がる。脂と一緒に滲み出る鶏皮のセルフサービス精神。

 

脂が抜けた鶏皮はそりゃあもうパリパリです。

鶏皮のねっちょりした食感が嫌いな人も安心。

噛みしめると旨味が溢れ出す、鶏皮せんべいの完成です。

 

至福の食べ方です。

 

 

メインはチー油

さて、美味しい鶏皮せんべいも頂いたことだし。

ここからが本番です。今までのは前座です。

まあ、本当の目的は、この滲みだした脂。

 

すべては、このチー油を作るためのお遊びだったのさ。

鶏皮せんべいは、割と本気で美味しく頂いたけどな。美味すぎ最高。

 

 

いや、これでカレーを作ってみたくなりましてね。

 

 

チキンカレーにチー油が合わないはずがない・・・かもしれない

私が最近作るカレーはカレールーを使いません。

カレーパウダーを使って小麦粉無しで作るカレーです。

 

そのまま作っても確かに美味しいカレーは出来るんだけどね。

ただ、もう一味なにかが欲しいという感じもするんだよね。

 

コンソメとか入れてみたりしたけど、何かが違う。

そこで私は思った。

 

うま味のある油分を足してみたらどうだろうか、と。

 

チキンカレーが好きだから、同じ鶏成分の油を加えてみたらいいんじゃね?

じゃあ、鶏皮から搾り取るしかありますまい。

 

とまあ、そう考えたわけです。

チキン&チキンの抽出脂。

これがマッチしないはずがない。

 

と思うw

 

 

実際にやってみた

たまねぎを炒める際にチー油を使ってみました。若干多めの量。

ネギとか加えてない、プレーンなままのチー油です。鶏味のみ。

カレーパウダーには余計な油分がないからね。そこに若干のコッテリ感を追加。

 

ヘルシー感は減少するけど、旨味は増すはず。という推測w

 

後は、いつも通りに作って完成。

鶏油から作ったチキンカレーです。これは期待。

 

トマトの代わりにトマトジュース使うとか横着もしたけどな。

生姜も刻むの面倒だからチューブの使ったけどな。

 

いつも通りとはいったいww

 

 

実際に食べてみた

さて、期待していたお味の方はいかがなものでしょうか。

さっそくいただいてみました。

 

うめぇ!これはうめぇ!

やった大成功。

 

鶏と炒めた油の香ばしい風味。

これがカレーを口に含んだ瞬間に広がります。

カレー全域から鶏の美味しさがします。

 

さすが万能調味料チー油。カレーにすら使用可能だったとは。

鶏の可能性の一部を垣間見た気分です。

 

 

ルールを守って楽しくチー油!

風味を増し増しにしてくれるチー油ですが。

入れすぎると、鶏臭さがでる原因にもなります。

程ほどの量にしときましょう。

 

そして、再び鶏皮せんべいを食べるためには、このチー油を使い切らねばならない。

 

出来立てパリパリの鶏皮だけ売ってないものかなw

コメント