びっしり植毛「プレミアムケア」

歯ブラシはやわらかめと決めています。

まったりした磨き心地を求める自分としてはこれ程に適した毛質はありません。

やわらかめいいよやわらかめ。

 

そんなときに出会った新ジャンル。

超やわらかめ。超ときたもんですよ。超。

やわらかめを超えるやわらかめだとでもいうのでしょうか。

 

超だよ超

 

これは実際に試さざるを得ない。

この身で体験するためにも買わざるを得ない。

そんな衝動のままに手に取らざるを得ない。

 

そうして購入したのが、「プレミアムケア」。

6列レギュラー「超やわらかめ」。

 

期待が高まりますね。

果たしていかなる使い心地なのでしょうか。

チャーシューとトントロくらいに違うのでしょうか。

 

今日はさっそく使ってみました。

 

 

これが超か

超やわらかめは果たしてどれ程に超なのか。

やはり体験してみるのが一番早いでしょう。

至高の歯ブラシタイムを提供してくれるや否や。

 

まず、ファーストインパクトですが。

でかい。先端がデカい。すごくデカい。

口の中に入れたときにモガモガする。

 

毛質と全く関係ないポイントで主張してきやがったw

 

このプレミアムケア。

6列植毛の幅広タイプの歯ブラシなのですね。

だから歯ブラシのヘッド部分も広い。デカい。主張が激しい。

 

む、むむむ。

これはちょっと磨き辛いかもしれない。

幅広ヘッドに違和感バリバリ感じてしまいます。

 

いままで使っていた歯ブラシは「メディオーラ」というやつ。

これの3列スリムタイプ。とってもコンパクトサイズでした。

そのサイズゆえに、非常に取り回しのいい使いやすい歯ブラシ。

 

だから余計にデカく感じるのかもね。

歯ブラシの幅的には、約2倍の差があるわけですからね。

 

毛質だけでなくブラシヘッドも超だとはなw

 

 

問題の毛質はどうなのか

さて、サイズはまあいいのです。

どうせ使っていくうちに慣れます。そういうもんなんです。

毎日これで歯磨きしてれば幅広ヘッドが普通になるもんなんです。

 

しかし私が求めていたのはそこではありません。

毛質です。毛質の差を試したかったのです。

超やわらかめがどこまで超なのかを体験してみたかったのです。

 

ヘッドのデカさに驚かされはしましたが、毛質の感触はしっかりと感じました。

なるほど。うん、なるほどな。

これが超やわらかめか。ほうほう。確かにソフトな気がする。

 

が。

 

やわらかめとあんまり違わんような気もするw

まあ、メーカーが違うからね。

その辺の差もあるやもしれんけどね。

 

あと、この6列植毛ですが。

内側はふつうに固い毛質の歯ブラシなのだそうです。

そのせいで、全体的なソフト感が減衰しちゃってるかもしれんね。

 

感想は、

 

なんか思ってたのとちょっと違う。

 

という感じかな。

もっとふわふわなものを想像してましたよ。

毛筆の毛先のようなふわふわをさ。

 

それじゃ磨けないかw

 

 

プレミアムケアの使い心地はどうだったのか

というわけで、超やわらかめの歯ブラシ「プレミアムケア」での歯磨き終了。

 

「超」という程のやわらかさはあんまり感じなかったな。

それよりも幅広ヘッドのインパクトがすごい歯ブラシ。

だもんで毛の密度とか笑えます。もうびっしりです。アホかってくらいに植えこまれてますw

 

でも一気に磨ける爽快感はありますね。

幅広ヘッドで豪快にざかざかといけます。

磨き終わりも、いつもの歯磨きよりさっぱりしたと感じるんじゃないですかね。

 

毛質だけに注目して買ったんだけど、それ以外で面白い部分を発見できる歯ブラシでした。

コンパクトサイズの真逆をいく発想ですからね。

 

でも、そんなに悪くはない。

むしろ面白い。毛質とか置き去りにするくらいに面白いw

ただ、デカいゆえに長時間のブラッシングは疲れるかな。そこだけ問題かもしれん。

 

まあ、せっかくだしちょっと使い込んでみようかな。

 

コメント