空腹感なんて忘れちまったぜ

何事もやりすぎると疲れがたまるもの。

そして疲労困憊では力を発揮できないもの。

無理をさせるのはよくないってことですね。

 

内臓なんかもそうでしょう。

休む暇もなく始終こき使いすぎると疲れてしまいます。

 

内臓を働かせると言ったら食ですね。

体内の消化吸収器官フル稼働ですからね。

食物の処理って結構大変だからね。

 

だから、食べすぎ、飲みすぎなんかを繰り返すのはよくない。

負荷に次ぐ負荷で臓器はもういっぱいいっぱい。

普段は不平不満を言わない内臓たちも、毎回それでは嫌になってくるでしょう。

 

腸とかモロに煽りをくうよね。

 

そして、腸内機能の低下は便秘に派生することがあるそうですよ。

その結果が、前回の記事の便秘というわけですよ。

 

 

腸活性化

 

腸の活動が低下すると蠕動運動にも滞りが発生。

そうすると、腸内に長く便が居座り続けることになります。

これが良くない。非常に良くない。

 

長時間腸内にある便は、その水分がどんどん腸に持っていかれるんだそうですよ。

度を超すとガッチガチになります。それが詰まって出てこなくなります。

尻の破裂をいとわなければ、無理矢理いけるかもしれませんがねw

 

この状態はつらいぞ。ほんとにつらいぞ。

私の場合は、最終的には手作業で掘り出すことになったぞ。

ふふふ・・・。

 

そうならないためにも腸は程よく休ませないといけないね。

24時間毎日全力全開フル稼働状態の連続ではね。

そりゃあ疲れも溜まるだろうよ。ワシももう歳だから尚更なw

 

 

リセット

内臓を休ませるにはどうするのか。

答えは簡単。

 

内臓に食べ物を送らない

 

これです。これが一番です。

うん、簡単ですね。

たった一つのシンプルな答えですよ。

 

ということで。

 

私も軽く食べ物を拒否ってみようかと思います。

それで過剰労働させすぎた腸を労わってやろうかと思います。

消化吸収するものがなければ働きようがあるまいて。

 

まあ、やるといっても完全絶食するわけじゃないんですがね。

そんな根性ないですからねw

 

 

プチ断食

ちょっとだけ「食べない日」を作って続けてみようかな。

なんて思っています。

内臓のお休み日ですね。週休二日くらいで。

 

空腹を促されると内臓は

 

「さっさと食べ物をよこせ!」

 

って感じで活性化するそうですからね。

空腹でもないのに、始終お菓子とかつまんでると、この感覚が衰えるからね。

まずはこの感覚を呼び起こさないとね。

 

 

そういや、最近は惰性で食べてた気がするな。

ああ、飯の時間か。じゃあなんか食べとかないとな。

くらいの気持ちで。

 

それ程に強い空腹感とかもなかったように思うよ。

それはつまり、私の内臓機能も衰えまくっている証拠ではなかろうか。

正常ならば、しっかりと空腹サインが出るはずだからね。

 

よし。

この機会に、一度極限までお腹を空かせてみよう。

それでなにか変わるかもしれない。

 

 

特別めぬー

食べない日の食事内容。

 

・白湯

 

基本的にこれだけです。

ご飯どきには、食べる代わりにお湯です。

そして、その後、お腹が空いたと感じたときもお湯。

 

白湯は弱った内臓機能を活性化させてくれるそうだからね。

断食状態での機能回復をはかるのなら、丁度いい組み合わせじゃないですかね。

白湯おいしいよ白湯。ほっこりするよ。

 

さすがにそれだけじゃアレなので、夜には味噌汁を飲みます。

薬味程度にネギ。

「食べない日」の最高のご馳走となる至高で究極のメニューですね。

 

これと合わせて、もっと運動を強化すれば内臓も元気になるはず。

 

 

ちょっとやってみた感想

そんな計画をたてて少しばかりやってみたんだけどさ。

 

思っている以上にお腹空かない

 

という恐ろしい事実。

疲れ切った内臓さんは食べ物を要求する元気すら無くしているのか。

どれだけ無理をさせていたんだw

 

「お腹の中が空っぽ」という感覚はあるんだけどね。

でも、それが激しい食欲には結びつかないのさ。

ヒャッハー!!水と食料をわたせー!とはならんのさ。

 

本当に惰性だけで毎食食べてたことを実感したよ。

なんて機械的でシステマチックな食生活だったんだ。虫かw

 

もっと食欲に突き動かされるような状態じゃないと駄目だよね。

それが健康的ってもんだよね。

希薄な空腹感しか感じないとか異常だったんだね。

 

 

良い子は真似しない

今度やるときは、限界まで空腹状態になってみよう。

なにか食べたくてしょうがないってレベルまで。

それでなにかかわるやもしれんしな。

 

ただ、我慢し続けた反動で大量に食べてしまう、なんてことにならんようにはしないとね。

そんなんでは余計に内臓に負担を与えてしまうからね。

そしたらまた強固な便秘行きだからね。そんなん嫌だ。絶対嫌だ。

 

 

ちなみに、ここに書いたことは全て私の独断と偏見で構成されています。

医学的、科学的根拠は皆無です。

 

なんとなくそうなんじゃね?

 

くらいの気持ちで実践しています。

常識など私の知ったことかって感じです。

 

だから真似しちゃいけないよ。

たぶん、殆ど私の妄想だからね。

私が自己満足でやってるだけだからね。

 

栄養管理の専門家でもいない限り真似しちゃいけないぞ。

逆に不健康になってもしらんぞw

 

コメント