そうだ BOOKOFF、行こう。

今日はBOOKOFFへ行ってまいりました。

先日思い出した、ゴッドハンド輝が読みたくなってね。

捜しにいったわけですよ。

 

私は本屋さんが好きです。

好きすぎて、何時間でもうろうろしていられます。

店の人にはえらい迷惑だろうけどなw

 

特に古本屋。古本屋さんていいよね。

最近はものすごく少なくなったけど。

というか、通常の本屋ですら危うい感じ。

 

家の近くにも、昔は何件か古本屋があったんだけどね。

いまでは、殆どが姿を消してしまいました。

ネットショップの普及で需要が無くなってしまったのだろうな。

 

生き残ってるのはBOOKOFFくらいなもんですわ。

貴重な古本屋がどんどんなくなっていく。

うーん、もったいない。

 

 

60冊一気は無理

まあ、そんなことよりも目的の物です。

 

ゴッドハンド輝です。

あれが読みたいんです。

そのために来たんです。

 

それを探しましょう。

 

あっという間に発見。

さすが名作。抜かりなく棚にならんでいやがるぜ。

さすがに全巻セットとしては売られていないようですがね。

 

そして、思っていたよりも、巻数が多かった。

確か、全巻は読んでなかったからね。

どこまで続きがあったのかは知らんかったんだ。

 

数えてみてびっくり。

最終巻のナンバーは62。

なんてこった、60巻以上もあったのか。

 

・・・うん。

なるほど。

これは一回じゃ回収しきれないなw

 

ちまちま集めていくことになりそうだ。

 

 

せっかく本屋にきたので

まあ、それはそれとして。

あとで10冊くらいレジにもっていくとして。

 

本屋に来たなら、店内をうろつかないといけないよね。

辺り一面本だらけという夢のような環境だもの。

あれこれながめるだけでも、ワクワクがとまらないよね。

 

あと、本の匂い。

あれもいい。すごく落ち着く。

この環境でずっと読書してたくなります。

 

漫画コーナーとか、立ち読みし放題な状態ですからね。

もちろん、節度は守る。買いもしないくせに、がっつり立ち読みするのはマナー違反。

図書館じゃないんだからね。最低限とはいえ、その辺は守りたいよね。

 

2、3分だけ、さっと読んでみて、面白そうならキープ。

今度来た時の購入対象としてタイトルを覚えておく。

そんな流れで店内を回っていきます。

 

なんて贅沢な時間なんだろう。

本屋の居心地の良さは異常。

ここに住みたいくらいだw

 

ただ、BOOKOOFの欠点は店員さんが激しいことよね。

 

イラッシャイマセー!

アリガトウゴザイマシター!

 

を大声でひっきりなしに叫んでるからね。

鮮魚市場か。築地か。マグロ一本置いてあっても不思議じゃないね。

もっとまったりしてもいいのよ?

 

まあ、それを差し置いても、居心地のいい空間であることは間違いないんだけど。

 

 

とりあえず10

一時間くらいうろついて、十分に本力をあびてきましたよ。

これで後10年は戦える。

なにと戦うかは知らないけど。

 

ゴッ輝も手に入れた。

とりあえず10巻まで。

じわじわ集めていこう。

 

そして、やっぱり面白いね輝。

面白いものが半額以下で買えるのはうれしい。

ホント古本屋バンザイですね。

 

コメント