絆創膏がもたらす狂気

カットバン。

キズテープ。

バンドエイド。

 

これらはすべて同じものですね。

呼び名が違うだけで、本質は絆創膏です。

傷口にぺたりと貼るやつです。

 

やたらと多様な名称がある絆創膏。

 

そんな多様な呼ばれ方せんでもいい気もします。

きっとなにか理由があるのでしょう。逃亡中の犯人とか。

逃げるために名を変え姿を変え。そんな逃亡生活中なのでしょう。

 

まあ、どれだけ名前を変えようとも、絆創膏の効果は変わりません。たぶん。

傷口を保護するために張り付ける役目は一緒です。

 

そして、もう一つ。

 

絆創膏を貼った部分がかぶれるのも一緒ですw

 

 

傷口保護かゆみ付加

私は皮膚が弱いのか、絆創膏を貼ると高確率でかぶれます。真っ赤になります。

なんだこれ。かぶれる成分が塗りたくられてるのか。

そういうレベルで必ずかぶれます。絆創膏貼ったら100%です。100%。

 

これがもうね、あれですよ。くっそ痒いです。痒すぎるんです。

殺しに来てるレベルの痒さ。死なないけど。それ程までの容赦のない痒み。

 

掻きすぎて血が噴き出すほどに掻きむしります。基本、血が出ます。

そして、血が噴き出してなお掻きむしり続けます。憑りつかれた様に執拗に。

 

 

これちょっとした自傷行為ですよ。傷口の隣に新たな傷口作るとかね。

その傷口をさらに掻きむしってえぐりますからね。えぐりまくりますからね。

自分の傷口を延々とえぐり続けるとかなんなの。常軌を逸してる。

 

きっともう、正気は失われてますよ。

 

狂気です。狂気。

自分が気づいてないだけで、すでに発狂してる可能性がありますね。絆創膏ヤバイ。

 

 

もしかして、絆創膏ってそういう兵器なんじゃないですかね。精神汚染兵器。

 

傷口保護して安心!

 

なんて思わせるのは絆創膏の甘い罠。

この先に待ち受ける多大なる被害への布石です。

 

皮膚に張り付けた瞬間から浸食は始まります。じわじわと侵されていきます。

そして、その後に異常な痒みを発症。

自分の身体を自分の爪で引き裂き続けるという狂気に陥る。汚染完了。

 

怖すぎます。絆創膏。

 

 

痒い!でも貼っちゃう!びくんびくん!

それでも使ってしまうんだけどね。絆創膏。

だって、傷口剥き出しのままとかないでしょう。そんなんワイルドすぎますよ。

簡易とはいえ、絆創膏で塞いでおきたいじゃないですか。痛いのは嫌だ。

 

まあ、その傷口ケアの代償が、かぶれなんですけどね。

それで、結局は傷口増えるんですけどね。

 

分かっててもやってしまうとか、やっぱ私は狂気に陥ってるのかもしれないw

 

 

世の中には低刺激性絆創膏という物もあるようです。

 

それを使えば、貧弱な皮膚でも痒くならないのでしょうか。

私の場合は通気性とかの前に、粘着剤にやられてる感じですからね。

どれだけ通気性が良くても駄目なんじゃね?って気もします。

 

絶対にかぶれない粘着剤使用!

 

とかなら買うのだがね。それに加えて、通気性増し増しなら尚更。

 

そうじゃないのなら、どっちにしろかぶれそうです。痒さで精神汚染です。

どうせ発狂するんなら100均の絆創膏でも同じです。安く発狂した方が得です。

狂気に陥ること事態をやめろw

コメント