バンソーコー(仮)

ちょっとした怪我とかしちゃうときがありますよね。

ふとした油断から訪れるアクシデント。

結構そんなことがあります。

 

包丁が滑ってカットしちゃった切り傷とか。

すっ転んでぞりぞりいってしまった擦り傷とか。

なんか知らないうちに出来てたなんかの傷とか。

 

何が原因で傷ができるかわかったもんじゃないですからね。

虚構と虚飾で彩られた偽りの安全。自分のすぐ側に危険があることには気が付かないもんです。

すぐそこです。2ミリくらい。近すぎ。

 

私の周りには危険ばっかりです。

 

そんなときに輝くのが絆創膏ですよね。

不意の怪我にはこいつです。簡単傷口保護。

 

しかし、絆創膏を使うときに、いつも思うことがあります。

 

 

絆創膏、カットバン、キズテープ

絆創膏。

なんて呼んでますか?普通に絆創膏ですか?

それとも、なにか別の名称でしょうか。

 

いままでいくつか聞いたことがあります。

 

カットバン

バンドエイド

キズテープ

応急バン

 

そんな数々の名称です。派生しすぎ。

亜種?亜種なの?そんな感じの絆創膏なの?

 

絆創膏堕天種「カットバン」危険度S

絆創膏感応種「バンドエイド」危険度SSS

接触禁忌絆創膏「キズテープ」危険度測定不能

 

そんな感じですか。討伐したら良い素材取れそうですね。

オートヒール能力とかもってそう。これ、討伐までに時間かかるわ。

 

ていうか接触しちゃいけない絆創膏ってなんだよ。2秒でかぶれんのか。

 

 

真名

このように、安定しない呼び名の絆創膏。

 

なんか、こういうのって地方によって違うらしいですね。

すこし調べてみたら、全然聞いたことのない呼び名もありました。

 

サビオ

 

どう発音していいかすら予想不可能です。

「絆創膏」と普通に呼んでいた私には、この呼び名から絆創膏を連想できません。

なんか、新発売の清涼飲料水みたいじゃないですか。きっとスポーツドリンク。

 

 

奥が深い。本当に面白い。

握り固めた白米を、

 

おにぎりと呼ぶか

おむすびと呼ぶか

 

なんて比じゃないですね。

さすが絆創膏は格が違った。

 

比較対象がおかしいけどな。おにぎりて。

絆創膏と何を比べるんだ。粘度かな?

 

 

もう絆創膏でいいじゃない

なんでこんな多種多様の呼び名があるのかね。

 

千の貌でもあるんでしょうか。ニャル様ですか。這い寄るんですか。いあいあ。

絆創膏邪神説。貼ったらSANチェック不可避ですね。狂気へ直滑降です。

すごく楽しそうですね(狂人

 

 

しかし、ここまで呼び名が不安定だと、わけわかんなくなりますよね。

本当に1000くらいありそうな勢いです。ないけど。ないよな?

 

もう、

 

傷口に貼るやつ

 

とかでもいいんじゃないでしょうか。分かり易く。

なんか逆に分かり難い気もします。やはり奥が深いですね、絆創膏。

 

精神の安定を図るためにも、私はこれからも絆創膏と呼ぼうと思います。

コメント