夏の暑さだって楽しめるはず!

早朝も暑い。

6時過ぎるまではそんなに暑さ感じないだろうと思ってましたが。

5時だろうが、6時だろうが、日が照り出したらもう暑い。

夏だなぁ。

 

ウォーキング中にもガンガン攻め込んで来る。

すごいアグレッシブ。

守ることなど考えていない、ぶっちぎりの積極性。

どこまでも貫きとおす、飽くなき攻めの姿勢。

いや、ちょっと攻撃的すぎますよ。

触るものみな傷つける感じですか。

 

暑い夏は歓迎派な私ですが。

ただ、さすがに運動には適さない気温は困るよね。

信号待ちで突っ立てるだけで、体力が削り取られていくw

 

しかし、これはこれで

 

夏ッ!!!!!!!!!!!!

 

って感じがするし、アリかな、なんてことも思うわけです。

 

夏ジャンキーだからなw

ふひひひwwこりゃあ、たまんねぇぜwww

 

 

夏の暑さを楽しもうぜ

好きだろうが嫌いだろうが、お日様の光は平等です。

密度の高い熱気となって、人間たちに無差別放射されます。

やっぱり、触るものみな傷つける感じです。

 

いやいや、それが夏場の醍醐味だから。

 

という私みたいな人ばかりではないですよね。

無慈悲に体力をこそぎ落としにかかってくる夏の日差しが嫌いな人も多いでしょう。

無節操な太陽光線に殺意を向ける人とかもきっといるはず。

 

そんな人も夏の暑さがもたらすいい面を探してみてはどうだろうか。

もしかしたら、好きになれるかもしれません。

 

 

夏の暑さがもたらしてくれるメリット

暑いからこそ満足できること。

それはなにか。

やはり、

 

冷たい食べ物が美味しく食べられる

 

ということです。

人間と密接した娯楽は食にあり。

たぶんw

 

素麺、冷やし中華、カキ氷、冷や奴。

凶悪なくらいに冷えまくったこれらの食べ物がいつも以上に美味しい。

身体の強制クールダウンがくせになる。

 

後は、冷たい飲み物。

麦茶、ウーロン茶、美味しい水。

氷をガンガンぶちこんだグラスに、ざぶざぶ注ぎ込んで一気飲みです。

カラカラにのどが乾いて、カッカした状態の身体で飲んだ時の爽快感がたまんねぇです。

 

 

他には、海水浴、プール、川遊び、名所滝巡りなどの水辺系。

さらに、涼しい森での、森林浴、キャンプ、名所霊山巡りなどの山系。

そんなレジャーで楽しむのもいいですね。

 

学生さんには「夏休み」というビッグボーナスもあるよ!!

夏でしか味わえない格別の楽しみですね。

 

 

それ以外にも、夏の暑さが地味に活躍する場面もあります。

 

洗濯物がすっげー速く乾く

 

これです。

めちゃくちゃ乾きます。

これ、個人的に最高ですw

生乾きで臭くなったりしません。速攻です。

部屋干しだろうが、完璧にすっきりさっぱりと乾燥してくれます。

ほっといてもこんなに気持ちよく乾くのは夏だけ!!ww

 

 

どうですか。

こんなにも夏の暑さは素晴らしいのですよ。

いやあ、夏って、ほんっとにいいものですね。

 

 

暑さからくるデメリット

もちろん、暑さがもたらすのは、いい面だけじゃないですがね。

ちょっと考えるだけでも、

 

  • 夏バテ
  • 日射病の危険
  • 蚊が湧いてうざい
  • 暑くて運動することが重い
  • 冷たいもの食べすぎて内臓機能にダメージ

 

などなど。

こういったことも、ひとつひとつ対処してやれば被害を抑えることができます。

 

夏バテ、日射病

水分を小まめに補給。

外出するときは帽子をかぶる。

栄養のある食事と適度な運動を心がけましょう。

 

虫よけスプレー。

俺のキンチョールをくらえぇぇ!!!

アースジェットで二刀流だぁぁっ!!!

 

運動

運動するなら早朝がおすすめ。

涼しいし、きっと空気も美味しく感じる。

 

冷たい食べ物、飲み物

冷たい飲食物は内臓を冷やして良くないので、程ほどに。

暖かい物も摂るようにしましょう。

冷たいものは嗜む程度に。

そうやって我慢してから飲む、ギンギンに冷えた麦茶はうまいぞ!!

 

 

結論 夏はいいものだ

暑いのが苦手な人は、楽しめることを追及してみる。

さらに、快適になることを試してみる。

 

そんなふうに、少し意識を変えてみてはどうでしょう。

夏の暑さを、さらに楽しめるのではないかと思います。

 

 

以上、夏派の私からの提案でしたww

コメント