あたりめは辛口に限る

一度始めるととまらないものってあるよね。

慢性的な中毒とかじゃなくて。

突発的な無限ループに陥るような。そんなヤツ。

 

私の場合、中毒症状と言えばコーヒーですかね。

今は紅茶を飲むようになったから、以前に比べてそれほどでもないけど。

でも、随分改善されてきたと言えど、どうしても飲みたいときはあるからね。

 

突発的なのはそういうタイプではないよね。

普段は別に無くても別に大丈夫。

心のそこから欲しくなるようなことは、まあ無い。

 

しかし、一度手を出してしまうと、延々とそれから離れられなくなる。

驚きの吸引力によって、釘付けにされてしまう。

そんな危険なアイテムが世の中には存在すると思うのです。

 

私の場合だと「あたりめ」ですかね。

 

 

食ったな?くくく・・・かかりおったわ!!

中毒といえば、昔はゲームだったね。

それこそ、一度始めると飯も食わずに延々とやってました。

どこで止めればいいのか。そんな感じで。

 

今は2時間もすると疲れてきて止めるようになりましたよ。

歳だからかのぅw

 

「あたりめ」もそんな感じです。

一度食べ始めると、やめどきが分からなくなる。

ひたすら延々ともぐもぐもぐもぐすることになります。

 

やめられないとまらないの代名詞と言えば「カルビーかっぱえびせん」。

しかし、あたりめのやめられなさ、とまらなさはそんなものの比ではありません。

まあ、フレーズがあれなだけで、えびせんにそこまでの依存性はないけどな。

 

なんなんだろうな、あの魔力的な後引き感はさ。

あたりめ力とでもいうのだろうか。

そこにあたりめがあるから食べるんだ、という状態にされてしまうよね。

 

急性あたりめ中毒

 

みたいな。

そんな嘘くさい病名をつけたくなるほどの依存性。

あたりめの旨味成分には、それだけの中毒性を引き起こすナニカがある。

 

こいつはやばいぜ。

 

 

辛口

特に好きなのがセブンイレブンで売ってる「辛口あたりめ」

おつまみコーナーにあるやつですね。

 

これは美味い。本当に美味い。

キングオブあたりめ。

コンビニ商品だからといって侮ることなかれ。

 

食べやすい整形。

ピリッとした刺激。

それらを加味した上での、あたりめ力。

 

これで後を引かないわけがないよ。

普通のあたりめでさえ、どんどん手を出してしまうというのにね。

辛口あたりめの依存性は、通常のあたりめの3割増しくらいになってますよ、これは。

 

なんという危険物なのだろうか。

こんな危険物を世の中に蔓延させちゃいけないよね。

少しでも多く、私が胃の中に収めて、世界の平和を守らねばなりません。

 

 

まとめるとだな

結局のところさ。

あたりめとかそういうことを抜きにして、

 

人間は美味しい食べ物に弱い

 

ってことなんだよなー。

だって、不味いものは後引かないもんw

 

いくら美味しいからと言って、食べすぎはよくないよね。

なんであっても、過剰摂取は健康を害するからね。

あたりめとかピーキーな味付けの食べ物だと尚更ね。

 

まあ、そんな簡単に、美味しいものを我慢できるわけもないんだがね。

人間は欲望まみれの生き物だからね。

食欲とか最強レベルで脳内を侵食するからね。

 

だから、まあ。

 

あたりめくらいなら、ちょっと食べすぎても大丈夫だろう。

 

っていうことで。

いいんです。ダメ人間なんです。

それよりもあたりめなんですw

 

来いよ塩分!俺は逃げも隠れもしないぞ!w

 

コメント