雨漏りは駆逐されました

度重なる雨漏りに危機感を感じマッハで業者さんに連絡したアレ。

 

雨水があああ

 

最速で催促したはずなのに来たのは数か月後だったアレ。

いやはやアレには意表を突かれました。突きまくりですよ。

喩えるならば牙突です。しかも零式です。そのくらい意表を突かれた感じです。

 

前の調査段階では、

 

もっと酷くならない限りちょっとやりたくない

 

みたいなニュアンスを残して去っていきましたからね。

そしてその後数か月延々と放置状態でしたからね。

こうなればもう、

 

屋根に完全に穴が空く

 

という極限状態になるまで待ってから再連絡しないと駄目なのかと思ってましたよw

屋根修理に早期対策はない!的なさww

そういう取り決まりが業者間の暗黙の了解なのかもしれないと。

 

うん、まあ、そう思うに十分な月日が流れたよね実際w

 

 

そして修理は始まった

ある日突然のこと。

急にドアをノックして誰かが来ました。

で、対応に出てみると。

 

「明日から屋根の修理を始めます」

 

・・・。

えーと。

うん?

 

いきなりやって来て何を言ってるんだこの人は?w

 

ちょっとついていけない一言でした。

急にそんなこと言われてしまったらだいたい時間が止まるでしょう。

みんな止まる。俺だって止まる。不審すぎる。

 

はい、実は以前に屋根の調査に来た人でしたよ。不審者ではないw

でも、そんなんすっかり忘れてたよ。ていうか、何か月待ったと思ってるんだよ。

そんな風に思うのに十分な月日が流れたよ。本当にいつの話だよw

 

まあ、よいです。覚えていてくれたのだから感謝です。

そして来てくれてありがとう。

見捨てないでいてくれて本当にありがとうw

 

で。

 

瓦屋さんが来るのでちょっと騒々しくなるから注意してね、ってことでした。

後、電気を使うことになるから用意もよろしくね、ってことでした。

 

うん、もうなんだっていいです。

雨漏りから解放されるならばなんだっていいですw

 

 

瓦屋根のスペシャリスト

そんなこんなで次の日に瓦屋さん登場。

この日から数日間のお付き合いになることになりました。

はい、どうぞよろしくお願いします。

 

と言っても、電源を提供して後は待ってるだけなんですがね。

ここから先はプロの領域ですからね。

素人の私がしゃしゃり出ようものならば2秒で即死ですからね。秒です。秒。

 

しかし、にぎやかになるだろうとは思っていましたが、想像以上でしたね。

室内にいる間は大工仕事の音以外何も聞こえなくなる程です。

 

ガンガンガン!!ズドンバキン!!デュクシ!

がしょんがしょんがしょん!!!

ぎっしぎっしぎっし!!ずずずずーーーーん!!!

 

数日にわたって執り行われる屋根叩き。

派手にやるじゃねぇか!!www

 

どうやら雨漏り箇所だけでなく、屋根自体を完全に修復する方向のようです。

素晴らしい。素晴らしいです。これは素晴らしいです。

パーフェクトだウォルター!!

 

実際、あちこち天井裏に水滴が落ちる音がしてたからね。

もう完全に老朽化してたのだろうから、この流れは必然なのでしょう。

こっちとしてはしてはスゴイ安心感です。やるなら徹底的にやってほしいからね。

 

いいぞ、もっとやれw

 

 

そして修理は終わった

修理完了まで、だいたい4日程かかったでしょうか。

無事に我が家の天井は再生を果たしましたよ。

新生MY屋根。いや賃貸アパートだけどw

 

で。

 

完全改修後、ついにやってきた雨の日。

ついにこの時が来た。

今こそ生まれ変わったお前の真価を発揮するときだ。いけ!屋根!!w

 

ざーーーー・・・。

しとしとしと・・・。

ざーーーーー・・・・・。

 

・・・お・・・おお・・!

うおお!天井裏で何も音がしないぞ!

いつもは「ぽたんぽたん」いってたのに!

 

これがプロの技か。プロフェッショナルのスキルか。

いやはや、感動です。

これで雨の日にびくびくしなくてよくなりましたw

 

いつでも来いよ!今年の台風!w

コメント