ああ!屋根に!屋根に・・・!!

住居のトラブルはいろいろとあると思いますが。

そのうちのひとつが雨による被害でしょうか。

そう、雨漏りですよ雨漏り。

 

家屋の老朽化とかが原因なんですかね。

雨水が屋根を貫通してくるわけです。

容赦のない雨水の侵食です。浸水です。床上浸水です(間違い

 

一度雨漏りが発生するともう駄目です。

その屋根はだめです。ダメダメです。

 

この程度の雨漏りならばまあ別にいいか

 

なんて思っていてはいけません。

じわじわ被害は広がります。

傷口はどんどん大きくなるのです。

 

すぐにどうこうなるわけではないのですがね。

しかしまあ時間の問題です。

屋根は自然治癒とかしないですからねw

 

酷いことになる前に業者さんに修理をお願いしましょう。

 

 

もれー

で。

 

我が家も雨漏り被害が発生したのです。

天井裏からぽたんぽたんと異音がし出したのです。

んで、ついには完全貫通。畳直撃水滴攻撃。

 

これはまずい。この水音は破滅へのカウントダウン。

屋根のHPがスリップダメージで一気に削れてる。

 

古い古い木造アパートですからね。

それも当然のことと言えましょう。雨漏りは必然。

 

私は以前の住処で雨漏り放置して酷いことになった経験があります。

なので、雨漏りにはかなり敏感です。

屋根裏の雨音にはマッハで反応するレベルです。

 

もうあれです。

恐怖症レベルで超反応します。

アマモリフォビアですw

 

だもんで、今回もすぐに対応。

業者に点検をお願いしました。

恐怖に突き動かされた人間の行動は早いのですw

 

 

これで助かっ・・・あれ?

連絡した数日後には、屋根を調べにきてくれました。

これで安心。もう大丈夫。

私の精神と屋根は救われるのです。

 

で、調査の結果にした会話。

 

 

業「風の強い時だけ雨漏りしてるとかないですかね?」

 

私「え?いや、普通に雨漏りしてるんですけど」

 

業「特に瓦がズレたりはしてないんですけどねぇ」

 

 

とまあ、なんか否定的。

「お前が神経質すぎるんじゃね?」

とでも言いたげな感じですw

 

瓦に異常はないから、強風とかで家が軋んだときにたまたま雨漏り。

 

というのが、業者さんが真っ先に感じたことみたいですね。

違うんだ。本当に常日頃から雨漏りするようになったんだ。

お願いだから信じておくれよw

 

まさかこのままスルーってことはないよね?

住人の被害妄想ってことにはならないよね?

ね?

 

 

今度こそ助かっ・・・あれ?

その後のやりとりで、

 

・瓦に異常が無いなら屋根自体がもう駄目

・直すには大規模な回収作業が必用

・ちょっとすぐには無理無理無理ィッ・・・!!

 

ってことになりました。

うん、なんかこうあれですよね。

 

このまま放置されそうな雰囲気

 

やめてwたすけてw

おねがい見捨てないでw

このままじゃ大参事になるんだよぉぉぉww

 

最終的に、一度戻って検討してみますってことになりました。

 

・・・大丈夫なのかなコレw

 

 

~250年後~

そんなこんなあって屋根の修理の待機状態になりました。

まあ、直さないってことはないでしょう。

これで雨漏りから解放されるよね。よかったよかった。

 

というのが、半年くらい前の話でした。

 

秋を超え、冬を超え、春になってようやく。

年を超えるほどの長い時間を経て、この間ようやく瓦屋さんが来ました。

 

・・・。

 

検討長いよ!!!!!!!!www

 

まあ、請け負ってる他の案件もあるだろうし仕方ないのかもね。

・・・いや、半年待ちってあるのかなぁ?w

 

コメント