サイコロ、板、棒

ルービックキューブとかひさびさに触りたい。

一面が3×3のパーツで出来てて、それが正六面体になってるやつ。

そのパーツ部分をごりごり水平回転させて、面に同じ色をそろえるやつ。

 

パーツが5×5だったり13×13だったりするのもあったり。

丸いやつとか三角のやつがあったり。

中には900個以上のパーツで出来た化け物もあるようです。

 

でも、私がいま触りたいのはオーソドックスなやつ。

3×3の六面体。超基本的なレギュラータイプ。

あれを無性にグリグリしたい。

 

子供のころにも一個もってたっけな。

確か5×5のやつでした。

一面のパーツ数が25個のやつ。

 

まー、これが難しいのなんの。

私には一面そろえるのがやっとでしたよ。

シール剥がして張り替えて完成とかチートやってたよwww

 

うーん、懐かしい。

 

 

ルービック繋がりだと、ルービックマジックというおもちゃもあったっけな。

 

8枚の板を複雑に絡み合った糸で繋げたものなんだけど。

これも面白かったね。いろんな形に変形するのです。

ダイヤモンドとか、エンゼルフィッシュとか、スペースシャトルとか。

 

私も夢中になって、いろいろと手順を覚えたものです。

 

けど、これにも弱点がありましてね。

その強度です。耐久性能です。圧倒的な軟弱さです。

これがね、本当に脆い。弱い。貧弱。脆弱。もやしレベル。

 

各パーツをつないでいるのは、ナイロンの糸なのですが。

この脆弱さが半端ない。すこーし強くするだけで簡単に切れる。

ちょっと油断しようものならば、ぷっちーんといくわけですよ。

 

私も、買ってもらったその日にぶっ壊したよw

マッハで使い物にならなくなったよww

2個目買ってもらえたけど、すっげー怒られたよwww

 

そう考えると、あれは決して子供向けの商品ではなかったなー。

子供向けと呼ぶには、あまりにも作りが繊細過ぎた。

当時、これを手に入れた子供たちの何人が破壊に至ったことかw

 

 

立体系のパズルのおもちゃだと、あれがあったな。

三角形のパーツが互い違いになってるやつ。

白と黒の三角形が延々と連なってニョキニョキ細長いの。

 

これ色んな形になって面白かったな。

ボールになったり、メガネになったり、犬になったり。

まさしく変幻自裁でした。

 

そらもう、関節部分がへろっへろになるまで遊んだものです。

 

んーんー・・・なんて名前だっけな、このおもちゃ。

この特徴だけでググっても出てこないな。

気になるwもやもやするからもっと調べるw

 

んー・・・んー・・・。

 

あー、あったあった。

マジックスネークというのか。

ていうか、今でも売ってるのな。

 

うわー、画像見たら懐かしさが倍増したw

 

 

パズル

どれも面白いパズルでした。

 

いまになってもその完成度の高さは衰えないね。

シンプルでありながら夢中になれるっていいよね。

 

ワンハンドで持ち運べるってのもいいよね。

バラバラのパーツを組み立てる、とかだとこう気軽にはいかないからね。

その点でもスゴイ完成度ですわ。

 

・・・キューブほしいな。

買っちゃおうかな。

コメント